セカンドオピニオン

現在の不動産取引に疑問を持たれている方へ

キムラホームでは不動産に関する第三者的なご相談を受け賜っております。
 ※取引完了後(登記完了後)のご相談については開始時期を検討中です。

 
 神奈川県の不動産相談員をしている時に感じたのですが、魅力的なキャラクターを使った広告や夢いっぱいにも見える全景その他で信頼できると思って?お取引を開始したにもかかわらず、その後の対応その他で担当者や不動産会社に疑念を抱くかたは割合に多いようです。

 例えば販売開始から入居までに期間がかかることの多い新築マンション。途中で気が変わってしまったというものから、帝銀事件じゃあありませんがマンションに入居したら実はその場所はそのムカシなんとかかんとかの事件があったとかなかったとかを聞いた聞かないとかで不安感が増大してもうやめたい!なんていう話は割りによく聞きます。
 
 信頼感というのはいったん崩れだすと止めるのはなかなか難しいようで、離婚調停なんかでもよく言われることだそうです。取引が完了(引渡し完了)した後の問題だと損害賠償しかありませんので、弁護士さんのご登場となる場合が多いのですが(弁護士さんも多種多様!)円滑な取引が滞っている場合にはご相談頂くことによって何らかの打開策がとれる場合もあります。気が済むというだけの場合もありますが・・・・。
 
 まあ、ご自身の判断とはいえいったん進めたものをやはりやめますとかなりますと、先方(不動産業者や売主買主)はハイそうですかとはなかなか言いません。金額も大きいですしね。当方も同じ業界ですし、まずなにより人間ですのでそのあたりは個別の事情を伺ったうえで、『おちからになれますよ』とか『そりゃあ旦那さん(奥さん)、あなたがいけませんよ』とか思うことをお伝えすることになります。

 Q &Aサイトじゃあありませんので、無責任なことは言えません。そう、あの類のサイトはときおりとんでもない事実誤認が書いてあったりして我々専門家からすると驚くことがあります。官庁勤めの友人も言っていましたし、銀行勤めの友人も言っていました。そのもっともらしい文面に騙されて?しまうこともあるようですね。またこう言っては何ですが、厳しい内容を言うと受け入れられないので相談者の方は自己に都合のよい回答が出るまでひたすら(回答を)繰り返すという傾向があります。

ご相談は面談にて随時受け付けております。県や役所と違って中立とばかりは言いませんし、そもそも中立なんていうことはの世の中にはないと思うのです。     
                        
  公認不動産コンサルティングマスター 木村匡宣


ご相談の受け付けについて

セカンドオピニオンのご相談受付はお問い合わせフォームからご相談ください。折返し日程場所等を打ち合わせさせて頂きます。正確を期すため、面談のみで行っております。